FOR

CUSTOMER

とは?

“なんだか不便”から“なんだか便利”へ。
日々の「できたらいいな」が実現していく。

サービスごとに行っていた煩わしい登録作業、ニーズに合わないレコメンドの数々……Dot to Dotは、そのような課題を解決します。パーソナルデータを”自分の意思”でさまざまな企業間に流通させ、自らに最適化されたオリジナルのサービスを受けることを可能にします。

のメリット

本人の同意に基づいてアプリケーションを連携させることで、
自分の意思に沿ったサービスを受けることができます。

自分の意思に沿ったサービスを受けることができます

自分の意思に沿ったサービスを受けることができます

がある暮らし

日々のちょっとした「めんどう」や「たいへん」が
ぐっと軽減されます。

いつも騒がしいくらいの息子の元気がない。熱をはかったら39℃近い。病院へつれていかなければ。…ところが、今日に限ってかかりつけの病院がお休み。どうしよう?

いつも使っている、病院検索・予約システムで検索して、今日やっている評判のいい病院を探してオンライン予約。 Dot to Dotに追加して、これまでの病院や薬局とデータ連携の同意も設定しておこう。

予約時にタクシーも手配しておいてよかった。Dot to Dotでの予約システムとの連携で、予約と同時に予約時間や行き先の情報がいくので、迎車に乗れば時間通り。楽チン。

初めていく病院だけど、すでにデータ連携で情報が伝わっているから、受診もとてもスムーズ。
苦手な抗生剤も言わなくても避けてくれて助かった。

家の最寄りの薬局に処方箋を送ってもらい、後から取りにいくことに。病院から家に戻り子供を寝かしつけると、通知がきたので薬局へ。IDログインで受け取りもスムーズ。
例えばこんなことが
できるようになります
のつかいかた

どのサービスにどんなデータを連携させるかは、
ご自身で決めることができます。

Dot to Dotに接続した企業は以下の3つのステップにより企業間でのデータ連携が可能になります。
STEP1
あなたの街を
ひろげる

まずはお気に入りのサービスを見つけて、あなたのだけの安全で安心な街をひろげましょう。
STEP2
街ナカを
つなげる

お気に入りのサービス同士をつなげて、あなたの街をにぎやかにしていきましょう。
STEP3
豊かになった
街を見る

街のひろがりとつながりを深めると、暮らしはもっと便利に。どんどん新たな可能性を探っていきましょう。

よくいただくご質問

Dot to Dotを通じて知った情報をそれぞれの事業者が漏らさないか不安です

Dot to Dotは、審査に通ったサービス事業者だけが参加しています。ご安心ください。

Dot to Dotのアカウントにさまざまなサービスのデータが集約されるんですか?

いいえ、ちがいます。
Dot to Dotは、各サービス事業者の保有するデータを集約することはせず、最小限のアカウント情報しか保持しません。
Dot to Dotは、サービス事業者の間に立ち、それぞれが保有するデータを必要に応じて連携できるよう、連携の同意を管理するだけです。

Dot to Dotに登録したら、勝手にデータが公開されて勧誘がたくさんきそう……

ご自身でデータ連携の同意設定をしない限り、無断でデータが公開されることはありません。データ連携に際しては、どこから、どこへ、どんなデータを、どんな目的で連携するのか、事前にご確認いただけます。
各事業者がDot to Dotを通じて知った情報を活用し、よりあなたに合ったご案内をお送りすることは考えられますが、Dot to Dot自体から広告や勧誘をお送りすることはありません。

データの連携をやっぱりやめたいと思ったらどうすればいいのでしょうか?

データ連携の同意設定はいつでも解除できます。また、初期設定では連携される期限は6ヶ月と設定されていますが、自分で変更することも可能です。
FOR CUSTOMER